head001 Top
自然樹木葬とは

1999年岩手県一関市の一寺院で始まった、直接土に葬送する方法です。
ご遺骨を大地に直接埋葬し、やがて土に還り、自然のもとへ生まれ変わる葬法です。自然樹木葬は、お墓に代わる第三のお墓として各地の霊園にて定着しつつあります。

樹木葬とは

1999年岩手県一関市の一寺院で始まった樹木を墓標にして遺骨を直接大地に埋葬する方法です。ご遺骨を大地に還し、土から木に生まれ変わるという自然葬の一つです。この方法は東京町田の「桜葬」という形態に変わって行きました。

自然樹木葬苑 太陽とは

平成24年3月に自然樹木葬苑太陽のご提案を開始しました。太陽墓所では樹木葬の直接土に還す葬送を行い、その場所を二度と掘りません。また、未来永劫合祀をいたしません。

墓地として許認可を得ている霊園内に設けた区域なので大切なお遺骨を粉末にする必要はありません。墓所に御影石のプレートを置き、その下にサラシで包んだ遺骨を埋葬します。お遺骨が他人の遺骨と混ざることのない、個別区画番号のあるゆったりとした空間です。

太陽墓所では春夏秋に催事を実施しております。この霊園に訪れる人が絶えないため、またそれぞれの催事の歴史を積み重ねることで、皆様とのお約束がこの場所であったことを確認して行きます。

皆様の思いが刻まれたそれぞれの御影石のプレートは、将来のさまざまな皆様に語りかける…生きる力をあたえてくれる太陽のもとで、風のささやきとなり、命の会話となって、皆様の想いが漂う…自然樹木葬苑太陽とはそのような場所であり、そしていつまでもその姿を変えない場所なのです。

直接土に埋葬
PH01
PH02